野原 耕二 音楽/日本文化プロデューサー Koji Nohara

 
 

プロフィール/活動

1989年、有限会社 スタジオ ノハラ設立。

音楽/文化プロデューサーとして幅広く活動。

現在、創造する伝統実行委員会事務局長。


1990年、 日本国内の行政文化イベント(フェステバル、セミナー、コンクール等)の基本構想(埼玉県草加市「音楽の森」構想) (福井県国際ハープ音楽作曲コンクール)を企画制作する。


1995年より、欧州文化首都におけるEU・ジャパンフェストの音楽を

プロデュースし、ルクセンブルグ、コペンハーゲン、ギリシャ、ストックホルム、ウィーンなどで 日本古典音楽(雅楽・聲明)から現代音楽・舞台芸術を企画制作実施する。


1996年、 ウィーンモデルン音楽祭(新しい伝統・一柳慧)

1997年、日中国交正常化25周年(古楽同源/新楽共創・石井眞木)

    舞楽法会 全米ツァー(NYジャパンソサイティー)。

1999年、循環するシルクロード国際交流基金主催事業

        (正倉院楽器の復元)香港、北京、開封市

2000年、インドネシア ジャパンウィーク2000

    東京ハープシンフォニー ジャカルタ、バンドゥン市

2002年、日中国交正常化30周年(伝統と現代/上海・北京公演)

     石井眞木芸術監督 上海交響楽団/北京歌劇場交響楽団

     オーケストラ曲/遭遇Ⅱ番(2002ヴァージョン)

             人間如夢


    イタリア ローマ 日本文化センター

        カッシーノ「古代円形劇場」舞楽法会公演等を

    プロデュース。

 

2003年「日本アセアン交流年」

コンピューターグラフィックによる親善大使「さくらさなえ」を外務省、武蔵野美術大学、スタジオノハラによる 官学民のメディアラボ設立、マスコミにも取り上げられ幅広く交流年事業を展開した。


2004年より「創造する伝統」プロジェクトを開始する。

2005年日EU市民交流年 

「創造する伝統2005」は1月ベルリン開催から

 EU諸国ポーランド、チェコ、イギリス国で開催された。

   「聲明交響Ⅱ」石井眞木作品 舞楽法会公演

     同時開催:デジタルカルチャー日本展示会



高松宮殿下記念世界文化賞/奨励団体イスチェオーケストラ(チェコ、ポーランド、ドイツの若者で構成されるオーケストラ) 日本公演ツアー(9月全国5公演)をプロデュース。


2008年日本ブラジル交流年

     開催都市 サンパウロ、ブラジリア、ベロ ホリゾンテ、

                      リオ デ ジャネイロ市


2009年 日・ドナウ交流年 「聲明交響Ⅱ」石井眞木作品

     オーケストラ アンサンブル金沢 指揮:井上道義

  開催都市 ウイーン/コンチェルトハウス 

       ブタペスト/バルトークホール


2011年 日独交流150周年 「創造する伝統」ドイツ国内ツアー

開催都市 ベルリン/RBBホール、デュッセルドルフ/トーンハレ

     フランクフルト、ビュルツブルグ公演


国内事業として

世界遺産記念、厳島神社(花舞台・勅使河原宏)、

世界遺産記念、「古都奈良の文化遺産」

       (正倉院の響き)企画・制作/主催、奈良市

          正倉院所蔵の古代楽器復元

「平泉の文化財」世界遺産推進事業(主催一関市)

   慈覚大師御影供養 毛越寺、中尊寺、比叡山、深大寺声明 

東大寺大仏開眼1250周年事業(主催東大寺)奉納演奏

   正倉院復元楽器演奏

聖武天皇1250年大遠忌事業(主催東大寺)舞楽 還城楽物語

平泉の文化財世界遺産推進事業

       「舞楽法会/大般若転読会」一関文化会館。

2010年、平城遷都1300年記念 薬師寺東塔と西塔の音楽

    記念講演:西山厚、野原耕二 主催:薬師寺

2012年より、東京オペラシティ 雅楽定期公演スタート

      年2回、雅楽演奏:東京楽所

          企画立案:多忠輝(宮内庁式部職楽部)

          プロデュース:野原耕二


数多くの雅楽公演正倉院の響き講演を開催している。

舞楽法会海外公演では高い評価を得、マスコミ、講演会(東京国立博物館、会館多数)などで21世紀日本文化発信を問いかけている。


IT改革における文化デジタルカルチャー日本を文化人、行政、民間とのネットワークにより現在、企画実施している。



デジタル カルチャー日本

 Digital Culture Japan

   太田洋愛「百桜図」

    < 桜ボタニカル アート >

  ◉ デジタル カルチャー雅楽

  ◉2005 EU - Japan


環境芸術 ECO-ARTS



創造する伝統 TOP ページ



 

コペンハーゲン 百人聲明

厳島神社世界遺産登録記念

勅使河原 宏氏

CG 親善大使「さくら さなえ」

イタリア カッシーノ「古代円形劇場」

舞楽法会 演出 木戸敏郎氏

日中国交正常化30周年「伝統と現代』「人間如夢」石井眞木氏

イスチェ オーケストラ

サントリーホール公演

日/EU市民交流年事業

ドイツ、ポーランド、チェコ、

イギリス公演

三重県文化会館「正倉院の響きI」

日・ドナウ交流年 「聲明交響Ⅱ」石井眞木作品

指揮:井上道義

オーケストラ アンサンブル金沢

ウイーン コンチェルトハウス

塩尻市ロマン大学「正倉院の響き2010    正倉院復元箜篌(くご)演奏 三咲順子

人長舞 三重県文化会館

雅楽定期公演 

東京オペラシティ1月/7月

薬師寺 東塔と西塔の音楽

平城遷都1300年記念

伊勢神宮遷宮記念「雅楽公演」2012

シンポジューム「国風歌舞」三重県文化会館


忠輝(宮内庁式部職楽部)

西山 厚(奈良国立博物館学芸部長)

雅楽定期公演

東京オペラシティ

2012年7月より年2回

が始まる。


挨拶:多 忠輝

   宮内庁式部職楽部